画像


画像

画像

画像

画像

画像


私はこの12年間で交通事故に3度も遭遇し、
あなたのようにいやな思いをしました。

その結果、私は正当な慰謝料をもらうために勉強と調査を行い、
これだけの慰謝料を獲得できたのです。



画像



保険会社提示額の3倍以上の金額、456万2600円で示談解決できました。




お客様の声イメージ











埼玉県在住 井上信二様

自動車を運転、信号待ち停車中、タクシーに後方より追突をうけました。

翌日、整形外科で受診、頚椎捻挫、胸椎捻挫との診断をうけ
通院を始めました。

いわゆるむち打ちによる左腕のしびれと、
はき気がつづいていたので通院をつづけていたところ、

約1か月半を経過したころ、
相手から突然書面にて治療費の打ち切りのおしらせが届きました。

まだケガの状況が改善されていない中の一方的な打ち切り打診で、
どうしてよいのかなやんでいたところ佐藤さんのページと出会い、
購入させていただきました。

正直申しあげまして、購入前、購入後ともに本当に大丈夫なのか?
との不安が強かったですが、
内容が濃く、とにかく素人の私でも
理解のできる内容のテキストを読み、
乗り越えられる!頑張れる!と確信しました。

また無制限のメールサポートがございましたので、
遠慮なく全てをぶつけさせていただきました。


ぶつけた内容に対して、的確な回答、そして心のケアまでしていただき、
不安が日々とき放たれていくことを実感しました。

事故による体の不調は続いていても、心がしっかり保たれていれば、
のりこえられることを実感しました。

本当に素晴らしい教材であること、
そして何より販売者の素晴らしい人間性を
実感できました。


まるで近くで一緒に対応してくださっているかの
ような心強さがございました。

そして、私の場合は佐藤様にいただいた
アドバイス通りにすすめていった結果、

後遺障害14級も認定され、自分で入っていました
保険からの慰謝料もあわせますと、
456万2600円を獲得できました。


保険会社提示金額の3倍以上の慰謝料です。
本当にありがとうございました。

井上 信二

後遺障害認定を受けて、365万4300円の慰謝料を獲得できました。




お客様の声イメージ











長野県在住 市ノ瀬 正樹様



佐藤様、お世話になります。去年の8月から相談にのっていただき
無事365万4300円の慰謝料をもらえました。
とりいそぎ報告したくて
メールしました。

佐藤様に相談する前は、交通事故にあったこともなく
何もわからなかったのですが、
たまたま佐藤様のホームページを見つけて買わせていただき、

メールでサポートしてもらっていましたが、

まさかここまでの慰謝料をもらえるとは全然思っていませんでした。

佐藤様とメールでやり取りしていくうちに、

保険会社から言われる内容や医師の考え方など、
いろいろなことをさきに教えてもらっていたので、
ほとんど交渉をすることなく、

この金額をもらえたのはホントにすごいと
思ってしまいました。

正直まだ、ケガは完全になおっていないのですが、
たくさんの慰謝料をもらえたので
そのまま治療をしております。

先生からも、この症状ならしっかり治療すれば
治りますよといわれていますので、
このまま治療はつづけていこうと思います。

佐藤様から教えてもらった○○○○は本当に効果があり、
保険会社のジャマがはいることなく

後遺障害がみとめられましたので、本当にびっくりしました。


最初は私の症状の場合だと、痛みの根拠が見つからなかったので
不安におもっていましたが、佐藤様のアドバイスをきいて
本当によかったと思っています。

また、ケガの状態がよくなったら報告しますね。

市ノ瀬

アドバイス通りに行動しましたら、後遺障害14級がみとめられました




お客様の声イメージ











埼玉県さいたま市在住 中西大輔様



私は事故の被害者になったときに、

被疑者側の任意保険の担当の方の対応についてとても理不尽に思い、
インターネットでこの件について検索した結果、


佐藤さんに出会いました。

最初は、インターネットでこの手の商品を購入することには抵抗がありましたが、
数々のレビューを読み、購入の不安がなくなりました。

購入した結果、本当に良かったとおもっています。

メールでのアドバイスを受けれる特典など、
購入時にはオマケ程度にしか期待していませんでしたが、

このメールによるやりとりがかなり、たすかりました。

私は1から10まで、全て佐藤さんにメールにてアドバイスを頂き、
その通りにした結果、後遺症認定14級を獲得することができました。


さらにそれだけではなく、
示談交渉のやり方までをも、
こと細かに丁寧に説明していただけました。

慰謝料があがることはもちろんですが、
やはりメールのサポートが1番たすかります。

佐藤さんの教材を購入できて、
私は本当にたすかりました。

中西

まさかここまで慰謝料をもらえるとは思ってもいませんでした。




お客様の声イメージ











横浜市在住 高橋健治様



佐藤様、この度は私の事故について相談にのってもらい
ありがとうございました。

相手の保険会社がいってくる内容が手にとるようにわかり、
とてもらくに解決できたことを感謝しております。


あとは後遺症害の秘密でしょうか。これを実行していなかったら、
おそらく自分で認めさせることはむずかしかったと思います。
後遺症害認定14級という結果でしたが、

ムチウチでも後遺障害認定を
うけられるとは思ってもいませんでした。

本当に何もわからなかった自分がここまで慰謝料を
もらえるなんて、信じられないの一言です。

本当にありがとうございました
高橋

画像

画像

私は交通事故被害者の方に正当な慰謝料を
獲得してほしいと思ったために、

さらに研究をかさね、ここ4年間で469人以上もの
交通事故被害者の方にアドバイスしてまいりました。

もしかしたらブログなどで、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

正しい解決方法をしらないで、
交通事故でなやんでいる人があまりにも多いから

そして、

正しい解決方法がわかれば

画像

という事実をしってもらい、

あなたに二度と交通事故になやまされない
健康で快適な生活を送っていただくためです。

「でも結局、保険会社とむずかしい交渉をしないといけないんでしょ?」

という声がきこえてきそうですが、心配はいりません。

私のところに相談にこられる方も、以下のようななやみをかかえています。

「治療をそろそろ打ち切るといわれている・・・
どうしたらいいかわからない」

「保険会社から慰謝料の提示をうけているが、はたして
この金額がただしいのかわからない」  

「会社の同僚に、保険金サギとひやかしをうけているが、
実際に首がいたい」

「医師からもそろそろ治療をやめて示談したら?
と投げやりにいわれている」


また、交通事故に関連する本には、
参考書のようなことばかり書かれており、
解決方法がみつからないといったこともよく耳にします。


つまり一般的に、

「交通事故を円満に解決する方法はなく、
保険会社にいわれた内容で示談し、
少しもらえた慰謝料でそのごは治療するしかない」


とされてきたのです。


これでは本末転倒ですし、

画像

ことが、私が教える『円満に示談解決する方法』です。

ここで、あなたには「ダサい」と思われるかもしれませんが
少しだけ「愚痴」と「本音」をきいてください。

ここまで良いことばかり話してきましたが
私はこの「円満に示談解決する方法」を完成させるのに
何度も失敗を繰り返しながらつくり上げました。


私は、サラリーマンをやっていた12年間で
交通事故に3度もあい、とてもいやな思いをしました。

1回目の事故のときには、どうしていいかわからず
保険会社からこれ以上治療をさせられないから

といわれて

慰謝料提示をうけ、ケガがなおっていないにもかかわらず

むりやり示談解決されてしまいました。

首にはムチウチ、腰には違和感がずっとあったのですが、
たった68万円の保険金の明細をみせられ

これ以上はらえないからと、

画像

してしまったのです。

周りの人からも治療しているときに
慰謝料を不正にふやそうとしているんじゃないか?
とへんな目でみられたり、

会社の上司に相談しても、
もっと仕事を優先しろとおこられたこともあります。

私が事故をおこしたわけでもないのに、

何でこんなひどい目にあっても、私の味方をしてくれないのか?

と、『うつ』になるほどなやみ、

相談する人もいない状態で
保険会社のいいなりで示談してしまったのです。


こんな経験から、

私は本当にくやしい気持ちになり
次にこんなひどい目にあったら、

「保険会社にギャフンといわせてやる」

という気持ちから、

インターネットで情報をあつめたり、
交通事故の慰謝料算定集などをとりよせて調べたり、
裁判事例集などもとりよせ、弁護士にも相談してみたりと


わからないことはとことん調べ、
そんな日からいつのまにか

3年という月日がすぎていました。


そして、

画像

バイクで信号待ちをしていたところ、
まだ赤信号なのにうしろの車が私のバイクに
スピードを出してつっこんできました。

私は車の力にまけてしまい、ガードレールにつっこんでしまい
意識を失いました。


気がついたら病院のベットの上でした。

あとで聞いたのですが、
バイクは全損でつぶれてしまったとのことでした。

幸いにも、骨や脳に異常はなく
はき気がひどかったので、一週間ほど入院しましたが、

少しおさまってきましたので、退院することにしたのです。

退院しても、首のムチウチや腰の痛み、はき気
これらが少しのこりながらも必死に仕事しました。

そして
今まで勉強してきたことをしっかり活用し、

治療もしっかりうけながらも、つらい毎日をすごしました。

そんなことから、事故日から半年がすぎて
ずいぶんケガも治ったころに
慰謝料の提示をうけました。

ここで「ある」方法を保険会社にはなし、
最初はしぶりながらも、その2ヵ月後

希望通りの慰謝料をはらってもらいました。

画像

でした。

慰謝料は、このレポートの最初でもご紹介したとおり、
233万7528円もの慰謝料を獲得できました。

本当に苦労がむくわれた瞬間でした。

この事故後、2年後にも事故にあい、
事故に慣れっこになっている自分がいました。

しっかり治療を行い、ケガがなおってから
じっくりかまえて以前ためした方法で示談しました。

この方法なら

画像

と実感もわきました。

そして私はこんな経験からさらに研究をつづけ、

「保険会社のいいなりで示談することはなく、しっかり治療をつづけられて、
ケガがなおってから円満に示談解決することはできないか?」


という内容に集中して、この5年間研究しつづけました。

そしてついに”あること”を発見したのです。

その瞬間、

「これだ!この方法ならだれでも円満に解決ができる!

と飛びあがってよろこんだことを、
今でもおぼえています。

そして興奮する気持ちをおさえながらも、
その”あること”を実際に交通事故でなやんでいる人たち
にためしてもらうことにしたのです。

画像

その人はケガもしっかりなおり、
健康でストレスのない生活を送れるようになりました。

この方の場合は私もおどろいたほど、
慰謝料がふえたケースですが、

他の方でも1.5〜3倍にふやすことに成功し、
円満に解決ができたのです。

もちろん、保険会社とギリギリの交渉をしたり、
仕事をやすんでの治療は一切おこなっていません。

つまり、
保険会社のいいなりにならず、元のカラダの状態にもどし、
保険会社から提示される低い金額から、
本来もらえる正当な金額をもらうことができたのです。

つまり、この方法は

画像

そして、この「円満に示談解決する方法」の
すごいところはまだあります。

画像

ではここで一点、なぜ保険会社は
被害者にここまで『いじわる』するのでしょうか?


保険会社には、被害者のために十分な慰謝料や
治療費をはらって治してあげなければいけない

とおもっている保険担当者はほぼいません。

よって、
さっさと事故の処理をしようとします。

つまり保険会社は被害者のために
十分な治療費や慰謝料をはらうつもりがありません。

ここで保険会社が被害者のために
治療費や慰謝料をはらいたくない

理由について説明します。

画像

保険会社はいろいろな方法で、
自動車保険の契約をふやしていきますが、

たとえば、
保険契約者が事故をおこしますと、利益を残すために
保険契約者の保険料をひきあげます。

逆に被害者には物損事故以外の支払いをゼロにおさえようとします。

物損事故は、任意保険の支払いとなりますので、
過失割合をなんとか被害者にのせて

やすく支払いをすませようとします。

支払いをおさえるためには、
保険会社もいろいろな方法をつかい、
被害者にはらう慰謝料をなるべくおさえようとするのです。

さらに保険会社の悪い手口を説明しますと、

画像

これは、物損事故と同じ考えかたなのですが、
トータルではらう金額をさげるために
被害者に不当な過失をのせようとしてきます。

保険会社がいう

「あなたも動いていたので、過失ゼロはありえません」


このような言葉が過失割合を
被害者にのせることにあたります。

過失をすこしでも被害者にのせる
ことができましたら、

トータルではらう慰謝料をおさえることができるということです。


画像

保険会社があなたにかわって、
治療費をはらってくれていると思いますが、

この治療費は保険会社が立てかえてくれていて、

あとで、自賠責保険会社に

これだけ被害者と病院にはらったので、
はらった分の支払いをお願いします。


と伝え、

支払ったお金を自賠責保険から回収しているだけなのです。

これにより、
慰謝料と治療費、その他の費用などを
自賠責保険の補償内で支払えば、

人身事故によってかかるお金は
ほとんどゼロにできるのです。

画像

保険会社にはDMK136という言葉があり、
D(打撲)1ヶ月、M(ムチウチ)3ヶ月、K(骨折)6ヶ月

これが意味なのですが、

症状にあわせて、
この期間内で治療を打ち切ろうとします。

これにより、
どんなに症状がおもくても
半年以内で事故を解決させようとします。

この理由として、
半年以上通院されますと、
後遺障害を申請される可能性があがり、

後遺障害がみとめられてしまいますと、

慰謝料のほかに、

さらに慰謝料を払うことになりますので、
半年以内に事故を解決しようとするのです。

また、半年以内に後遺障害の申請をしても
ほとんどのケースでみとめられないことを
保険会社はしっておりますので、

保険会社が半年もたたないうちに

「後遺障害の申請をしてみますか?」

などといってくる理由がこれにあたり

「後遺障害にみとめられませんでしたので、
この金額で示談させてください」


とつたえ、

自賠責保険の補償内の金額で示談させようとします。

画像

保険会社はたとえ
被害者に半年以上通院され、

後遺障害がみとめられても、

「後遺症がみとめられてよかったですね。
慰謝料をふやしてきましたので、
この金額で示談してください。お願いします。」

などとつたえてきて、

慰謝料の明細をみると、

自賠責保険から支払われる
後遺障害の慰謝料がかいてあり、

その結果、
保険会社は被害者に慰謝料を一円も支払わないで
示談させようとしてきます。


このような手口により、
交通事故被害者の8割以上の方が経験する
ムチウチや腰痛で、後遺障害もみとめられず、

示談後にすくない慰謝料をもらって
そのお金を治療費にあてているといった
話を何度もきき、

こんな被害者のなやみが多かったからこそ
私はこの『交通事故で円満に解決する方法』を
研究開発してきたのです。


私が開発した方法は、

・性別、年齢に関係なく、

・会社や仕事を休むことなく

・保険会社とむずかしい交渉もせず

・ケガ相応の正当な慰謝料を獲得でき

・健康でストレスのない生活をとり戻す


というものです。


画像

交通事故におけるただしい知識をつけるとは?

交通事故は加害者とあなただけではなく、
お互いの保険会社、医師などがからんできて

ふくざつに考えてしまいがちですが

あなたがただしい知識をもち、
ご自身のケガを理解し、

被害を証明できれば、
あなたの精神的にうけた苦痛、肉体的にうけた痛み、

これらが認められ、

最終的には請求可能な慰謝料を
獲得することができるのです。

つまり円満に解決ができるということです。


さらに、適切な治療を受けていくことで、
症状も良くなり、健康でストレスのない
生活をとりもどすことが可能になるのです。


実際に私がアドバイスしてきた多くの被害者の方は
私に相談を受けたあとでは、だんぜん自信をつけられ、
正しい知識をみにつけ

画像


また、ケガに合った良い病院で治療を
つづけていくことにより、

交通事故にあう前の健康な状態にもどった方を
何人もみてきました。

さらに、慰謝料をふやすことだけを目的に、
相談を受けているわけでもありませんので、

交通事故で受けた精神的な苦痛
なども改善されます。

例えば、

・加害者に対するいかりがなくなった。

・お医者さんと良好な関係をきずけるようになった。

・保険会社とのやりとりの苦痛がきえた。

・家族からも理解をえられ、ストレスをかんじなくなった。

などです。

この交通事故で円満に解決する方法では、
これらの事案が改善された理由が
十分理解できますし、説明もできます。


円満に解決するためにとても重要なこととして、

同じ交通事故被害者でも、人によって
ストレスになっている部分や痛みの原因が、
それぞれ違うということです。

本当の意味で円満に解決する方法には、

その人独自のストレスになっていることや
痛みの原因をつきとめ

それにあった治療法や
アドバイスをうける必要があるのです。

つまり、

画像

また、

・病院に通ってはいるけど、先生がまともに話をきいてくれない

・まだケガが治っていないのに保険会社から治療を打ち切るといわれた


などの人たちも、

私のところで何とかならないかと相談にこられます。

そして、
私がアドバイスすることによって、

治療の打ち切りをふせぐことができ
医師からもしっかり治療してもらえるようになり、

その結果、

誰にも迷惑がかからずに、交通事故が円満に解決できています。

画像

「解決したい気持ちはあるけど・・・」

たしかに、
自分にもできるかな・・・
と不安におもうかもしれません。

しかし、ご安心ください。

これまでに多くの方が、
交通事故で円満に解決してきた方法を
おつたえいたします。

この交通事故で円満に解決する方法は
何もむずかしいことはありません。

誰にでもできる、簡単な方法です。


大まかに言うと、たった4つのことをやっていただくだけです。


画像

たったのこれだけです。

これだけのことを実践していただくだけで、
きづいたら、円満に解決していることでしょう。

画像

「じゃあ、具体的にどうすればいいのでしょうか?」

はい、この方法を直接あなたに
お教えたいところなんですが

私は現在、あなたとおなじ被害者を100人以上
カウンセリングをしており、

直接お教えするには、時間的に限界があります。


ですので、交通事故でなやんでいるあなたのために
この『交通事故で円満に解決する方法』の秘密を

すべて公開したマニュアルを作成しました。

マニュアルでしたら、
家でいつでも何度でもみることができますし、

また、どこにでも持ち運びができますので
だれでも簡単にまなぶことができます。

あなたはこのマニュアルをよんで、
100ページ以上もの内容に圧倒されてしまうかもしれません。

はたしてすべて理解できるのか?と心配するかもしれません。

しかし、安心してください。
私がこのマニュアルで一番注意したのは

あなたに全てのテクニックを確実にマスターしてもらうこと。
そして確実に結果をだしてもらうことなのです。


無駄な内容は一切含まれていません。

明日あなたがまず何をすればいいのか?
そして次にどうすればいいのかを...

大事なポイントをわかりやすくステップバイステップで
順番にマスターできるようにしました!

ここで、この「円満に示談解決する方法」の中に
用意されているテクニックのほんの一部を紹介しますと・・・

画像

交通事故の知識がゼロでも、保険会社を奴隷のように
 あつかう心理誘導術
−この方法が理解できますと、保険会社の
 ごてをふむことがなくなり、こちらの希望通りに示談解決できます。
 そんな方法を大公開

あなたに過失があっても、満額の慰謝料をもらう方法−この方法は
 ご自身の保険に大きくかかわっています。これがわかるだけで、
 安心して治療に専念でき、円満に示談解決ができるでしょう。

慰謝料を極限までふやす、後遺障害慰謝料を獲得する方法
 これは必ずよむようにしてください。慰謝料をふやす一番の方法です。
 ただし、悪用禁止です。ご自身にがいとうするなら十分活用すべきです。

保険会社の治療打ち切りを完全にふせぐ方法−これも最高基準の慰謝料を
 獲得するために重要な方法になります。この方法をしらないとあなたは、
 最低基準の慰謝料しか獲得できません。
ぜひしるようにしてください。

医師を味方につけ、あなたの思うように慰謝料を獲得する方法
 医師にきらわれればあなたの思うように治療に専念できなくなります。
 この方法をしらないと医師から保険金詐欺とまちがわれて
 保険会社と手をくまれてしまいます。
そんなひみつを公開します。

保険会社と交渉なしで、最高基準の慰謝料を獲得する方法−この方法を
 しってもらうために私はこのマニュアルを作り上げました。誰にでもできる
 かんたんな方法
なんでぜひこの方法をつかうようにしてください。効果大です。

あなたの保険会社からも、慰謝料がもらえる意外な方法−この方法をしらないと
 あなたは大損します。つまり、この方法を誰もつかっていないということです。
 そんなだいじな保険内容も大公開します。

医師にあることをつたえ、保険会社の治療打ち切りをふせぐ方法−これは必ず
 しっといてください。これを無視すると保険会社からむりやり示談させられ、
 泣き寝入り状態となってしまいます。

弁護士費用特約をつかい、優秀な弁護士を雇う方法−この特約に
 はいっている人限定の話になります。あなたがどうしてもご自身で時間がない
 場合には全国にいる優秀な弁護士のみつけ方を私があなたに伝授します。
 もちろん私が信頼している弁護士も紹介できます。

画像

後遺障害認定を獲得できると、慰謝料が3倍にもなる秘密−後遺障害認定を
 受けると○○保険からも保険金がでます。これは請求しないとでない保険金なので
 必ずチェックしておいてください。あなたにぜったい損はさせません。

最高基準の慰謝料を獲得するための病院のえらび方−この病院えらびは
 とくに重要になります。MRIの機械やCTがなくてもかまいません。ですが、
 ○○○○施設のある病院をえらぶようにしてください。これがいちばん重要です。

接骨院で通院をつづけると、後遺障害認定を獲得できない理由とは?−そもそも
 医師免許がないのでNGです。さらに○○○○の概念をもっていません。
 これもしっかりおさえて下さい。

後遺障害認定を獲得しやすくなる通院日数と通院期間とは?−つまり、
 慰謝料を最大化させる方法の原則となります。これは必ずマスターするように
 してください。「あれ」をつかうときにとても影響するからです。

保険会社にあることを伝え、後遺障害認定をうけやすくする方法とは?
 これは医師にかんすることです。一貫した治療内容にかんして保険会社につたえないと
 保険会社はなっとくしません。そんなだいじなひと言をあなたに伝授します。

慰謝料増額に必要な効果的な通院頻度とは?−これもこの
 「円満に示談解決する方法」の原則となる部分です。これは必ず
 暗記するようにしてください。重要ポイントです。

この方法を理解していないと後遺障害認定は無理?ちょっとかわった
 申請方法とは?
−意外すぎる保険申請の方法をあなたにお教えします。
 この申請方法をつかわないとほぼ後遺障害認定はむずかしいです。これもしっかり
 おさえといてください。

ご自身ではいっている保険で慰謝料増額に最大限つかえる保険内容とは?
 −○○○○○○特約の話になります。これはしっかり活用するようにしてください。
 活用しないと大損します。※活用しないと慰謝料が25%以上減額するでしょう

画像

保険会社がいわれると最高基準の慰謝料をはらってしまう究極の方法とは?
 −この方法は鬼に金棒です。請求できる正当な慰謝料を算出して、その金額を
 請求すると一度はことわられますが、「ある」ところに話をもっていきますとスムーズに
 話がすすみます。
このひみつをあなたにお教えします。

自動車保険だけではない?慰謝料をふやす方法とは?−あなたがはいっている保険は
 自動車保険のみですか?○○保険にははいっていないですか?はいっていれば一定条件で
 支払ってくれます。
そんな意外な保険をご紹介します。

後遺障害認定を獲得するために医師から症状固定をもらうベストなタイミングとは?
 −このタイミングをまちがえますと、後遺障害認定審査に悪影響がおこります。しかも
 この判断はかならず○○に判断してもらうようにしてください。とても重要なのであなたに
 お教えします。

医師にあることをつたえ、後遺障害認定をうけやすくなる方法−後遺障害認定を
 うけるポイントになります。じつは医師は後遺障害認定を獲得させるプロではありません。
 この部分はあなたが主体的になる必要があります。そんなかんたんに言える一言を大公開

慰謝料にとても影響する自賠責保険と任意保険のちがいとは?−これを理解して
 いないと保険会社からいいようにされてしまい、慰謝料の増額はむずかしくなります。
 交通事故において基礎的な情報なので、これはしっかりおぼえてください。

過失割合をひっくり返す究極のテクニックとは?−保険会社は慰謝料を
 へらすために保険会社都合の過失割合をだしてきます。これを撤回できる
 究極の方法
をあなたにお教えします。

交通事故での通院では健康保険を使ってはいけない明確な理由とは?
 −健康保険で通院してしまうと、一番困るのは○○であり、あなたにもその
 影響がおこりすべてがうまくいかなくなります。その理由を公開します。

ムチウチに苦しんでいる人に必要な治療方法と検査内容とは?−この治療は
 かならず行ってください。しびれがひどければ、○○○科で検査をうけてください。
 あなたにとって重要な内容を公開します。

画像

症状固定の判断を医師にしてもらわないといけない理由とは?
 この理由がわかりますと一気に後遺障害認定をうけやすくなります。
 そんなひみつも公開します。

保険会社と慰謝料交渉をしてはいけない理由とは?−あなたが交渉をもちかけても、
 保険会社は○う○○を感じてくれません。そんな重要な理由をお教えします。

後遺障害認定をうけやすくする検査内容とは?−この検査は必ずうけるように
 してください。後遺障害を審査する機関がこの検査を重要視していますのでぜひ
 この検査はうけるようにしてください。

慰謝料増額にかかわる3つのポイントとは?−この3つのポイントを
 しることによってあなたの行動にあわせて、示談解決もうまくいく
 ようになります。そんなひみつをお教えします。

これをやってしまうと、保険金詐欺とまちがわれ慰謝料をへらしてきます。
 やってはいけない2つの禁止事項とは?
−これをやってしまうと全て台無し
 となってしまいます。この禁止事項はやらないようにしてください。

示談交渉のタイミングを自分からはなしてはいけない理由とは?−この理由を
 理解することによって、あなたの立ち居地が有利になります。これもしっかり
 おぼえるようにしてください。

適正な慰謝料を算出する方法−この方法を理解していないと、最高基準の
 慰謝料獲得はむずかしいです。一番重要な算定方法を公開します。

事故後、3ヵ月後に必ずぶちあたる問題と解決策とは?−このタイミングで必ず
 数々の問題が発生します。このトラブルを難なくのりこえる術を一つずつ解説

画像

円満に示談解決する方法の心構え−マインドセットよりテクニックをききたい人が
 多いようですがマインドセットさえ暗記してしまえば、あなたがおもうような慰謝料なんて
 かんたんに獲得できるのです。

医師があなたに適切な治療を行うことに使命感と責任感を感じはじめる
 心理誘導テクニック
−この内容を完全にマスターすれば、医師はあなた以外の
 治療に専念できなくなるでしょう。このテクニックはぜったいに悪用しないでください。

交通事故で円滑に進めるトーク術−これらの高度なトークをおぼえておくと
 今後おこりうるすべての問題点につかえば、あなたは絶対的に有利な
 立場を維持でき、円満な示談解決ができるようになります。

慰謝料を極限にまでふやせる究極の方程式−この方程式はぜったいに理解
 しておいてください。これを理解しないと慰謝料がふえず、今後の人生において
 大きなトラウマとなってしまいます。

後遺障害認定をうけると、いちばん得する保険内容のひみつ−この保険内容は
 ほぼ100%の人がしりません。しっている人だけが得する保険なのです。
 これもあなたにこっそり教えます。

相手の保険と自分の保険と国からもらう慰謝料のひみつ・・・この3本柱で
 慰謝料を最大化する方法
−これをしらないと、慰謝料の最大化をはかることは
 無理でしょう。
そんなひみつを大公開!

あなたを心の底からまち望んでいる医師をみつけるかんたんな方法−この方法を
 理解しますとあなたの最大の味方となって治療に専念します。
 最高基準の慰謝料を獲得するには、絶対にひつようなパートナーをみつける方法

保険会社が慰謝料をへらすために行う3つの行動パターンとは?−この3つの
 パターンを理解することによって、あなたがフリになることがなくなり、すべて円満に
 事がはこびます。
そんな保険会社の行動パターンと解決策をご紹介します。


・以上は氷山の一角でしかありません!

もう十分すぎるとでも思っていませんか?私は100%公開すると
いいました。こんな程度でストップするわけにいかないのです!

このマニュアルで公開するあまりのはげしすぎる内容に手がふるえだし、
あまりの貴重な情報のおおさに、ノートの取りすぎでペンだこができるでしょう。


腱鞘炎にならないように注意してください!

以上のことをしり、実行していただければ
あなたの交通事故は円満に解決することができ、
ストレスから解放される日常をとりもどすことができます。


画像

まず、あなたが問題にぶつかっている
ところに目をとおします。

その解決法をできるかぎり、暗記してください。

その後、全体像を確認していただき、
何もよけいなことを考えずそのまま読みすすめて下さい。

さらに、
ケガの治療に専念し、ケガを完治させるようにしてください。

※ある期間をすぎても、ケガが治らなかった場合は
後遺障害申請の準備を開始します。


マニュアルを参考にして認定を
うけやすくする方法をつかいます。

ケガが完治した場合、
もしくは後遺障害認定結果がでてきましたら
最高基準の慰謝料を算出し(マニュアル参照)

保険会社と話しあいます。

話しあいがこじれましたら、

「ある」方法をつかい、
算出した最高基準の慰謝料を
保険会社にはらわせます。


その他、申請できるものをマニュアル内容から抽出して、
慰謝料を最大化していくながれとなります。



これは私の長年にわたる研究結果であり、
8年間の交通事故で円満に解決する方法の集大成でもあります。


マニュアルの利点を最大限にいかし、
実行する際の「コツ」もはっきりと
お伝えすることができるようになりました。

ちょうどあなたのとなりで私が直接指導をおこなっているかのようにです。

また今回は、マニュアルだけでなく、
少しでもつまづいたら困ると思いますので、
メールでの質問も、無制限でうけつけておりますので、

画像

なので、とにかく かんたんで子供から年配の方まで誰にでもできます。

もう人の意見を気にしたり、保険会社とのやりとりで
いやな思いをしたりしません。

安心して治療に専念するようにしてください。

もうつらい交渉やひとりでなやむ必要もありません。

交通事故でなやむ必要がなくなり、不安のない快適な生活をおくれる
ようになるのです。

慰謝料をたくさんもらえる人と、ほとんどもらえない人
それは、今までお伝えした方法をしっているか、しらないか。

それだけのちがいだったのです。

つまり、この知識とあなたの行動があれば
交通事故は円満に解決できるということなのです。

あなたも1週間後、2週間後と理解をふかめていくうちに
自然と「あれっ、こんなかんたんなことだったのか・・・」とビックリされると思います。

交通事故を円満に解決されますと、たのしい生活が待っていますよ!

画像

画像

これまでの4年間で、この方法をためしていただいた方は
469人以上です。

現在でも年間100人以上の交通事故でなやんでいる人たちが
私のもとでこの方法を実践し、
ほとんどの方が円満に解決ができています。

すべての人に共通していえることですが、
この方法をそのまま実行していただければ、
自然と円満に解決できてしまいます。


保険会社とムリな交渉をすることもなく、
もらえる最大限の慰謝料を請求し、そのままはらってもらうことができます。

この4年間の実績がそれを証明しています。


画像


この交通事故で円満に解決する方法を実践するにあたり、むずかしい知識や
むずかしい方法は一切ありません。だから行動できるのです!

また、マニュアルをみながらマネをするだけでよいので
誰でもかんたんにおこなえます。


さらに、どんなに仕事でいそがしい方や家事で時間がとれない人でも
すきま時間をみつけ、

自分の状況にちかいところをよんでいただければ
理解もふかまり、おのずと円満に解決することができるのです。

画像

これまでに、いろんな交通事故関連の本をたくさんよんでみたり、
よんでも具体的な事がかかれていなく参考書のようなものばかりでダメだった
という人もたくさんいるかもしれません。

もし、あなたもその中の一人だとしたらご安心ください。

お教えする円満に解決する方法は、世間一般的にいわれている
方法はいっさいつかいません。

私の研究結果から、今まできづかなかった慰謝料をへらされる原因、
かいぜん方法をとりいれ、しぜんに円満な示談解決をさせていきます。


今までためした方法がうまくいかなかったから
といって、あきらめないでくださいね。

この交通事故で円満に解決する方法は、あなたの交通事故でおきた問題を
すべて解決させることができますから。

画像

ここで今回、ご購入される方にはマニュアルとはべつに、

3つのスペシャル特典をご用意いたします。

ぜひ以下の内容をご確認ください。

画像

今回このマニュアルには、全額返金保証をおつけしております。

つまり、あなたが保険会社から提示される金額より
1.5倍以上の慰謝料を獲得できなければ

購入代金をそのままあなたにおかえしするということです。

「すみません、今回の方法で1.5倍以上の慰謝料の獲得ができませんでした。
 返金をお願いします。」


と、慰謝料をうけとった証拠画像といっしょに
メールをいただければ、

購入代金を全額返金することを100%保証します。

つまり、あなたはぜったいに損をしない
という結論になります。

なので、
今回マニュアル代金をはらうという気持ちではなく、
私に預けておく、という気軽な気持ちでご購入ください。

あなたにぜったい損はさせませんし、

この全額返金保証は私の自信の表れだとおもってください。

そして
私は最後まであなたの味方でいるということです。

画像

万が一、

・マニュアルを読んでわかりづらかった。

・精神的にまいってしまっていて、
どうしていいかわからない。


など

思っている方がいらっしゃいましたら、
いつでも私に相談できるサポートです。

私も事故の際にだれにも相談できないときや、
慰謝料を不正にふやすために通院しているのでは?

と、うたがわれて精神的にまいったときがありました。


あなたにはこんな思いをさせたくないと
思っていますので、

同じようなことでなやんでいても、
ご相談にのらせていただきます。


つまり、
私は最後まであなたの味方でいるということです。

マニュアルの中に書いてある
メールアドレスにご連絡いただければ

親身に対応させていただきますので
ぜひこのサポートをご活用ください。

画像

私がこの4年間、示談解決をお手伝いしてきたQ&A集です。

一般的にあるQ&A集とはことなり、
交通事故被害者の生の声をきいて解決してきたQ&A集ですので

あなたもこの中身を読むだけでほぼ100%の問題が
解決するといっても過言ではありません。


つまり、あなたを成功に導くための内容と
思っていただければと思います。

これも、マニュアルとくみ合わせて
読むと理解しやすいのでこれも特典としておつけします。

※この特典は、本商品の最後にもりこませて頂きましたので、ぜひご確認ください。





画像

はい、このまま交通事故をほうっておけば、
保険会社から治療費をストップされ、治療もできず、

慰謝料も数十万から数百万以上
けずられるかもしれません。

ですが、この方法はちょっとのすきま時間で理解をふかめ、すこしでも
まよいが生まれましたら私に相談できるというあんぜんな方法です。

今までの研究結果と貴重な情報をすべてつめこんだ内容にしておりますので

価格を18,800円とさせていただきました。

もし、いますぐ交通事故を円満に解決したい!と本気で思っているのでしたら、
おいそぎください。

画像

画像

画像




ここで、よくある質問への回答をしました。


Q:私は女性ですが、この円満に示談解決する方法は私でも実践できますか?

A:はい、できます。

老若男女関係なく実行できます。
全体で3時間もあれば理解できますので、

しっかり読んでいただき、

もしわからない点がでてきましたら
私に相談していただければ解決します。

このマニュアルは
誰にでもできるかんたんな内容に仕上げておりますので
自信を持っておススメします。

Q:私は、整形外科に通院せず、接骨院をメインに通院していますが
 この教材は役に立ちますか?

A:申し訳ありません。

整形外科をメインに通院してもらっていませんと、
円満に示談解決できる方法はお役にたちませんので、
私の教材を無視してもらってかまいません。

Q:なぜ、保険会社の提示金額から1.5倍以上の慰謝料を獲得できる
といいきれるのでしょうか?

A:それは、保険会社が自賠責保険の補償金額の
120万円の範囲内でしか治療費と慰謝料の合計を
はらおうとしませんので、

最低金額の提示となります。

つまり、保険会社は自賠責保険からさきに支払いをすませ、
自分たちは、はらわないといった方法をとってきます。

このため私の方法を活用しますと

保険会社は
この最高基準の慰謝料をはらうしかなくなりますので、
おてあげ状態になるのです。

この方法をマニュアルの中でくわしく説明していますので、
保険会社の提示金額よりもたくさん慰謝料をもらいたい
という気持ちがあるのでしたら、

購入の価値があるとおもいます。返金保証もつけておりますので、
あなたにリスクはありませんのでご検討ください。

Q:過失が私にもあり、慰謝料の減額があると保険会社からいわれておりますが、
 それでも保険会社の金額よりも多く慰謝料を獲得できるのでしょうか?

A:保険会社が過失割合分、へらしてきた内容にたいして、
過失分へらした最高基準の慰謝料を
保険金請求しますので、

結果、慰謝料は保険会社の金額よりも大きくなります。

また、マニュアル中でもくわしく説明しておりますが、
過失割合があなたにあったとしても
慰謝料を満額獲得できる可能性はきわめて高いですので、

この方法を理解して満額の慰謝料を目標にして
もらえるとよいと思います。

Q:ムチウチでも後遺障害認定は獲得できるのでしょうか?

A:痛みの状況によっては後遺障害認定も可能です。

私は交通事故に3度あいましたが
2度後遺障害慰謝料を獲得できました。

ムチウチでもみとめられるポイントは
マニュアルの中で説明しておりますので
ぜひ読んでみることをおススメします。

Q:私はサラリーマンでなかなかあまり通院できていませんが、
こんな私でもこの方法は役に立ちますか?

A:嘘をつきたくないので正直にはなしますが、
円満に示談解決する方法を活用しても
慰謝料をふやすことはむずかしくなります。

通院日数がすくないと、保険会社から治療の必要性をとわれますし、
保険会社は治療費を打ち切るといってきますので、
しっかり通院して、治療に専念した方がよいです。

今の状態ですと
私はお手伝いできませんので、ご了承ください。

Q:なぜ大勢の人が同じ方法をつかっても、慰謝料の増額が可能なのでしょうか?

A:それは、保険会社の弱点をついているからです。

この方法を被害者につかわれますと
保険会社は被害者が請求する慰謝料をはらうしかなくなるのです。

もちろん最高基準の慰謝料を把握する必要がありますが、

このマニュアルの中で、
計算しなくても請求できる最高基準の慰謝料を
ひと目でわかるようにしております。

慰謝料の増額の理由になっておりませんが、
マニュアルの中でじっくり説明していますので
この方法をマスターして実行することをおススメします。

Q:私は、全く交通事故や保険の事なんてわかりませんが、
 こんな私でも円満に示談解決できますか?

A:全く知識のない人でも理解できるように、
マニュアルを作り上げておりますので大丈夫です。

万が一わからない点がでてきましても、

私のメールサポートや469人を成功に導いてきました
Q&A集を読んでもらえますと

より一層理解がふかまるようにしておりますので
ご安心ください。

Q:普段仕事であまり時間がなく、夜くらいしか時間がとれないですが、
 本当にこの方法をマスターできますか?

A:大丈夫です。

全体で3時間あれば理解できる内容に仕上げておりますし、

1日6分勉強して30日間続けても同じ結果がでるように
工夫して作っておりますのでご安心ください。

Q:私は数学が全くわかりませんが、こんな私でも正当に請求できる慰謝料を
 算定できますか?

A:大丈夫です。

最高基準の慰謝料を算定するのに、
一つの表をおつけしておりますので、
そちらの表に書いてある数字を請求するかたちとなります。

ですからまったく問題ありません。

もし後遺障害認定を獲得できた場合も、
逸失利益の計算方法も判例をおつけしておりますので
そちらの数字を参考に算出するだけとなりますので問題ありません。

みなさんからは慰謝料を請求するときに、
私にチェック依頼してくる人が多いので、
このように相談してもらってもかまいません。

わからない点がでてきましたらメールでご質問
いただければお答えしますのでご安心ください。


さらに『購入者様の声』も参考にしてください。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

追伸1:

あなたが「円満に示談解決する方法」を活用すると
最高基準の慰謝料を獲得するためのノウハウが手にはいります。


つまり、保険会社提示金額の最低でも1.5倍以上の
慰謝料をもらうための方法がしれるということです。

この知識をしるのに、全体で3時間もあれば
理解できるかんたんな方法です。「1日」3時間ではありません。
「全体」で3時間あればこのノウハウをマスターできます。


マニュアルをよむときは、ペンとノートを用意し、
ノウハウをできるかぎり暗記するようにしてください。

ご自身でなやんでいるところを、マニュアルにかいてある問題と
照らし合わせ、解決方法をなにも考えずにつかうようにするとよいです。


保険会社とのはなし方、医師とのはなし方もマニュアルを参考にしてもらえますと
あなた有利に円満な示談解決にちかづけることができます。

最高基準の慰謝料はマニュアルを参考にして算出し、
※計算という計算はありません。

ケガがなおりましたら、保険会社より
慰謝料提示をうけ、あなたは最高基準の慰謝料を
保険会社に請求します。

話がこじれましたら、

「ある」方法をつかい、この最高基準の慰謝料を
はらわせます。(※マニュアル参照)


もし、こんご治療をつづけても、なおらないと
医師が判断しましたら、

後遺障害診断書をかいてもらいます。

マニュアルにかいてある「後遺障害認定をうけやすくする
秘密」の部分を参考に、医師に診断書を作成してもらい、


「ある」特殊な方法で審査にあげます。
※マニュアル参照


後遺障害認定をうけることができましたら
マニュアルを参考に最高基準の慰謝料を算出し
保険会社に請求します。

ことわられましたら、マニュアルにのっている方法を活用し
保険会社にこの算定した金額を強制的にはらわせます。


このながれをくむことで保険会社から提示をうける
金額の1.5倍以上の金額で示談できますので
ご安心してください。


円満に示談解決したいとおもうのでしたら
安心して勢いよく、申し込みボタンをクリックしてください。

画像

追伸2:

私はこのレポートで、3つの特典をおつけしました。

1つ目は、全額返金保証です。

保険会社提示金額の1.5倍以上の慰謝料を獲得できなければ
購入代金をそのままあなたに全額おかえしするということです。


私はこの円満に示談解決する方法にそれだけ自信があるということです。

なので、今回マニュアル代金をはらうという気持ちではなく、
私にあずけておく、という気軽なきもちでご購入ください。

あなたにぜったい損はさせませんし、

この全額返金保証は私の自信の表れだとおもってください。

そして
私は最後まであなたの味方でいるということです。

2つ目は、無制限メールサポート保証です。

万が一私のマニュアルをよんでわかりづらい部分が
あったり、どうしても不安におもうことなどがありましたら、
いつでもご相談にのらせていただきます。


私もあなたと同じように、相談者がいなかったり、
私が不正に慰謝料をふやそうとしているんじゃないか?

とうたがいをもたれる経験をしました。

あなたはもっとひどい経験をしているかもしれませんので
そういったなやみを私にぶつけてもらってもかまいません。

私は最後まであなたの味方でいたいと思っているので、
積極的に相談してほしいとおもい、このサポートをおつけしました。


3つ目は、469人の交通事故被害者を成功に導いてきましたQ&A集です。

一般的にあるQ&A集とはちがい、
交通事故被害者の生の声をきいて、解決してきたQ&A集ですので


あなたもこの中身をよめば、ほぼ100%の問題が解決するものと
思ってもらってかまいません。


よって、あなたの示談がうまくいくものとなりますので
こちらの内容を確認してもらえればと思います。

これら3つの特典だけでもあなたがなやんでいることなどが
解決できますので、

真剣に、そして最短の労力で円満に示談解決したいと
おもうのでしたら、まよわず今すぐ申し込みボタンをクリックしてください。


画像

追伸3:

私は誰よりもたくさんの交通事故被害者をすくいたいと
思っております。


そして、保険会社のはらい渋りをゆるせません。

自賠責保険の範囲(120万円)内で示談させれば
よけいな支出がなくなる


という保険会社の考え方がゆるせません。

私は保険会社から提示をうけた金額の3倍以上の
慰謝料を獲得した証拠写真もおみせしました。

1回目の示談では失敗し、2回目以降の事故では
慰謝料獲得に成功した話も正直にしました。


しかし、相手の保険会社は、自賠責保険と任意保険を
ごちゃ混ぜにして、正当な慰謝料をはらおうとしません。

自賠責保険の範囲(120万円)内で支払いをすませようと
する大うそつきです。


保険会社は、
交通事故被害者を食い物にしています。

いえ、
全ての保険契約者を食い物にしています。

もう心ない人たちに搾取されるのはおわりにしましょう。

「円満に示談解決する方法」を活用して
私と同じように最高基準の慰謝料を獲得し、
明るい未来のある人生を歩みましょう。

私は最後まであなたの味方です。


画像


画像